2010/12/29
現代GP「地域融合キャンパス」終了報告書をアップロード(2010.12.29.)
現代GP「地域融合キャンパス」終了報告書(全234頁、PDF版)をアップロードしました。

「活動報告」の頁からダウンロードできます。

2010/07/15
シンポジウムのご案内:当現代GPの成果と教員養成課程におけるESDの展望

2010/04/05
GPプロジェクト期間が終了しました。(3月31日)

現代GPプロジェクト「持続可能な社会実現への地域融合キャンパス」は、平成19年度からの3年間(実質2年半)のプロジェクト実施期間が、この3月末日をもって無事終了しました。

この間、2回の国内シンポジウム、1回の国際シンポジウム、その他、地域フォーラム、ESD公開講座、ESDリレーセミナー、地域ESDセミナー、授業公開講座の開催、ESD推進センターの設置実現、ESDプランナーの養成・認証、成果刊行物の発行(全国出版1点、報告書4点)などを実施してきました。

当GPの本質は地域融合キャンパスにおける日ごろの授業実践と学生・地域住民からESDプランナーを育成・認証することにあります。このいずれについても、当GP終了後も、それぞれ地域教育開発専攻およびESD推進センターによって継承されます。

当GPの経験、そして学生および外部評価委員からの評価や提言を受けて、この教育活動は更に充実発展していくことが期待されます。

ご協力いただいた教職員・学生・学外諸団体・個人の皆様に、GP取組担当者として御礼申し上げます。

なお、4月末日を目処に現代GP総合報告書をpdf文書として当ウエブサイトで公表する予定です。
当GPに関心をお持ちの皆様にご参照いただければ幸いです。

                       GP取組担当者 生方 秀紀

[水平線]

2010/03/17
地域ESDセミナー (3月10日〜3月25日)

2010/02/25
GP成果図書「ESDをつくる」が出版されます。

 当GPの3年間の取り組みの成果物の一つである、北海道教育大学現代GP成果図書が以下の通り出版される運びとなりました。日本のESDのスタンダードとなりうる内容を多く含んでいると自負しております。ご期待ください。

生方秀紀・神田房行・大森享(編著)
『ESDをつくる−地域でひらく未来への教育』、ミネルヴァ書房、2010年4月発行予定。
 ISBN978-4-623-05766-5。

目 次

はしがき (生方秀紀)

第1章 ESD(持続可能な開発のための教育)とは何か (阿部治)

第2章 ESDにおける「知の構築」のあり方――「持続可能性」・「開発」・「教育」を橋渡しする開発コミュニケーションに焦点をおいて(佐藤真久)

第3章 環境教育概念の進化 (神田房行)

第4章 学校環境教育における子どもの人格形成と教師の力量形成――協同的活動主体形成と教師の指導 (大森享)

第5章 地域の教育力としての〈ローカルな知〉(朝岡幸彦)

第6章 持続可能な観光を築く地域における教育のあり方 (大島順子)

第7章 地域教育力を活かしたESD人材育成 (生方秀紀)

第8章 サブサハラにおける持続可能な開発と教育 (大津和子)

第9章 地域に根ざした教育とアラスカ先住民の知恵 (レイ・バーンハート)

第10章 環境教育における時間と場所の概念――スロー教育のすすめ(フィリップ・ペイン)

第11章 アートと環境教育 (ミシェル・サトウ/ルイーズ・アウグスト・パソス)

コラム (生方秀紀、大森享、神田房行、川崎惣一、添田祥史、佐々木巽)


2009/10/27
ユネスコ・スクール・フォーラム in 釧路 (11月21日)

2009/10/09
公開シンポジウム「地域づくりは人づくり〜持続可能な社会をめざして〜」(11月3日)

2009/10/01
公開講座「ふまねっと健康教室」受講者募集のお知らせ (募集期間、10月6〜20日)

2009/10/01
公開講座「ESDの現在〜世界の現場からのリポート〜」。 (受講受付期間:10月9〜30日)

2009/03/21
「ESDプランナー資格科目受講説明会」の実施について

2009/03/21
「ESDプランナー」認定証授与式を行います。

2009/03/21
ESD・リレーセミナー、第11回 「古くて新しい国インドに見るESD」のお知らせ

2009/03/18
ESD・リレーセミナー、第10回 「カンガルーの国の環境とESD」(2)のお知らせ

2009/03/08
ESDリレー・セミナー第10回の予定変更のお知らせ

2009/03/01
ESD・リレーセミナー、第9回 「カンガルーの国の環境とESD」のお知らせ

2009/02/28
ESD推進センターのホームページが公開されました

当GPの取組みと密接な関連をもつ、釧路校ESD推進センターのホームページが公開されました。

こちらをクリック。

2009/02/17
ESD・リレーセミナー、第8回 「ツンドラとオーロラの国でESDを考える」のお知らせ

2009/02/05
ESD・リレーセミナー、第7回 「熱帯林の開発とESD」のお知らせ

2009/01/23
ESD・リレーセミナー、1〜3月のご案内(変更があります)(1月24日〜3月28日)

2009/01/18
地域教育開発専攻のHPを更新しました。2009.1.18.
本GPにおけるESDプランナー養成を直接担当している「地域教育開発専攻」のホームページに新着情報、活動報告を豊富に追加しました。ESDプランナーを養成する教育活動、担当教員の研究活動の一端がごらんいただけます。
地域教育開発専攻のHPはこちらです。

2008/12/06
「学生による環境教育国際交流報告会」を開催します。12月18日

2008/12/05
「HESDフォーラム2008」に参加して、本GPの取り組みについて発表します

2008/10/29
「ESD推進センター」発足記念イベント: ESD・リレーセミナーを開催します(11月18日〜3月28日)

2008/10/16
釧路校「ESD推進センター」の開所式が行われました
詳細はこちらです。

2008/09/03
エコプロダクツ2008に出展します。

2008/08/17
国際シンポジウム「持続可能な未来をつくる環境教育〜グローバルな視野と地域での実践〜」が開催されました。
詳細はこちらです。

2007/11/24
授業公開講座(ESDプランナー資格基礎科目)

 本プロジェクトは、平成19年度文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」に選定された、北海道教育大学釧路校地域教育開発専攻が中心となって担う教育実践活動です。取組の詳細(pdfファイル)はこちらです。 文部科学省の選定結果は こちらです。

この取組は、地域融合キャンパスをベースにした教科融合型の実践的カリキュラムの実践を通して、地域の課題に取り組み、地域と連携することができる人材の育成を実現することを目指しています。

 釧路湿原や阿寒、知床などの雄大な自然に恵まれた東北海道地域をフィールドに、自然と共生する持続可能な地域社会(サステナブル・コミュニティー)を実現するための地域のファシリテーターを養成し、「ESDプランナー」として認証します。

 学内に地域協働型のESD推進センターを設置し、この取組を通して、学生ならびに公開講座コースを受講する地域住民のシステム的思考力、地域ビジョン形成や協働的地域活動の力量を培い、ESDプランナーとして育成し、最終的に自然再生、地域社会の活性化に貢献することを目指しています。
(注)ESD:Education for Sustainable Development=持続可能な開発のための教育。