[ 2007/11/12 ]
環境教育講演会「シベリアの自然と民族音楽」を実施しました。
 当GPプロジェクト主催で、「シベリアの自然と民族音楽」と題した環境教育講演会を2007年11月7日に釧路校福利厚生施設小ホールで開催しました。
 講演と演奏をしてくださったのはロシア・サハ共和国国立ヤクーツク北方民族歴史・文化博物館のイゴール・シシギン館長です。
 講演ではシベリアのマンモスや永久凍土と地球の温暖化との関係やシベリアのヤクート族などの北方民族についてお話をしていただき、詰め掛けた40名以上の学生や市民が耳を傾けました。
 後半ではアイヌのムックリに似たホムスという口琴(こうきん)を演奏していただきました。すばらしい演奏に続いて、標茶町の「あそう会」の方々によるアイヌ民族のの楽器ムックリや世界各地の口琴の演奏もあり、楽しみながら聞きくらべることができ、シベリアと北海道のつながりを実感した会となりました。 (実行委員長 神田 房行)


講演中のシンギン先生(左)。


ホムスを熱演中のシンギン先生。


標茶町(塘路)の「あそう会」のメンバーによるムックリの演奏とそれを見つめるシンギン先生。


活動報告一覧へ
現代GP「地域融合キャンパス」終了報告書をアップロード(2010.12.29.)
シンポジウムのご案内:当現代GPの成果と教員養成課程におけるESDの展望
GPプロジェクト期間が終了しました。(3月31日)
地域ESDセミナー (3月10日〜3月25日)
GP成果図書「ESDをつくる」が出版されます。
ユネスコ・スクール・フォーラム in 釧路 (11月21日)
公開シンポジウム「地域づくりは人づくり〜持続可能な社会をめざして〜」(11月3日)
公開講座「ふまねっと健康教室」受講者募集のお知らせ (募集期間、10月6〜20日)
公開講座「ESDの現在〜世界の現場からのリポート〜」。 (受講受付期間:10月9〜30日)
「ESDプランナー資格科目受講説明会」の実施について
「ESDプランナー」認定証授与式を行います。
ESD・リレーセミナー、第11回 「古くて新しい国インドに見るESD」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第10回 「カンガルーの国の環境とESD」(2)のお知らせ
ESDリレー・セミナー第10回の予定変更のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第9回 「カンガルーの国の環境とESD」のお知らせ
ESD推進センターのホームページが公開されました
ESD・リレーセミナー、第8回 「ツンドラとオーロラの国でESDを考える」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第7回 「熱帯林の開発とESD」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、1〜3月のご案内(変更があります)(1月24日〜3月28日)
地域教育開発専攻のHPを更新しました。2009.1.18.
「学生による環境教育国際交流報告会」を開催します。12月18日
「HESDフォーラム2008」に参加して、本GPの取り組みについて発表します
「ESD推進センター」発足記念イベント: ESD・リレーセミナーを開催します(11月18日〜3月28日)
釧路校「ESD推進センター」の開所式が行われました
エコプロダクツ2008に出展します。
国際シンポジウム「持続可能な未来をつくる環境教育〜グローバルな視野と地域での実践〜」が開催されました。
授業公開講座(ESDプランナー資格基礎科目)