[ 2010/04/01 ]
GP成果図書「ESDをつくる」が完成しました。(3月29日)

当GPの3年間の取り組みの成果物の一つである、北海道教育大学現代GP成果図書『ESDをつくる−地域でひらく未来への教育』が完成しました。

生方秀紀・神田房行・大森享(編著)
『ESDをつくる−地域でひらく未来への教育』
233頁。ミネルヴァ書房。2010年4月発行。2800円+税。
ISBN978-4-623-05766-5。



下に、帯カバーのコピーをご紹介します。
「ESDの本質を理解する−日本のESD研究のリーダーが理論と系譜を解説、国内外における地域と連携した優れた実践を紹介する。」

一般書店の店頭には4月下旬までに並ぶことになっています。お手にとってご覧ください。


目 次

はしがき (生方秀紀)

第1章 ESD(持続可能な開発のための教育)とは何か (阿部治)

第2章 ESDにおける「知の構築」のあり方――「持続可能性」・「開発」・「教育」を橋渡しする開発コミュニケーションに焦点をおいて(佐藤真久)

第3章 環境教育概念の進化 (神田房行)

第4章 学校環境教育における子どもの人格形成と教師の力量形成――協同的活動主体形成と教師の指導 (大森享)

第5章 地域の教育力としての〈ローカルな知〉(朝岡幸彦)

第6章 持続可能な観光を築く地域における教育のあり方 (大島順子)

第7章 地域教育力を活かしたESD人材育成 (生方秀紀)

第8章 サブサハラにおける持続可能な開発と教育 (大津和子)

第9章 地域に根ざした教育とアラスカ先住民の知恵 (レイ・バーンハート)

第10章 環境教育における時間と場所の概念――スロー教育のすすめ(フィリップ・ペイン)

第11章 アートと環境教育 (ミシェル・サトウ/ルイーズ・アウグスト・パソス)

コラム (生方秀紀、大森享、神田房行、川崎惣一、添田祥史、佐々木巽)


活動報告一覧へ
現代GP「地域融合キャンパス」終了報告書をアップロード(2010.12.29.)
シンポジウムのご案内:当現代GPの成果と教員養成課程におけるESDの展望
GPプロジェクト期間が終了しました。(3月31日)
地域ESDセミナー (3月10日〜3月25日)
GP成果図書「ESDをつくる」が出版されます。
ユネスコ・スクール・フォーラム in 釧路 (11月21日)
公開シンポジウム「地域づくりは人づくり〜持続可能な社会をめざして〜」(11月3日)
公開講座「ふまねっと健康教室」受講者募集のお知らせ (募集期間、10月6〜20日)
公開講座「ESDの現在〜世界の現場からのリポート〜」。 (受講受付期間:10月9〜30日)
「ESDプランナー資格科目受講説明会」の実施について
「ESDプランナー」認定証授与式を行います。
ESD・リレーセミナー、第11回 「古くて新しい国インドに見るESD」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第10回 「カンガルーの国の環境とESD」(2)のお知らせ
ESDリレー・セミナー第10回の予定変更のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第9回 「カンガルーの国の環境とESD」のお知らせ
ESD推進センターのホームページが公開されました
ESD・リレーセミナー、第8回 「ツンドラとオーロラの国でESDを考える」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、第7回 「熱帯林の開発とESD」のお知らせ
ESD・リレーセミナー、1〜3月のご案内(変更があります)(1月24日〜3月28日)
地域教育開発専攻のHPを更新しました。2009.1.18.
「学生による環境教育国際交流報告会」を開催します。12月18日
「HESDフォーラム2008」に参加して、本GPの取り組みについて発表します
「ESD推進センター」発足記念イベント: ESD・リレーセミナーを開催します(11月18日〜3月28日)
釧路校「ESD推進センター」の開所式が行われました
エコプロダクツ2008に出展します。
国際シンポジウム「持続可能な未来をつくる環境教育〜グローバルな視野と地域での実践〜」が開催されました。
授業公開講座(ESDプランナー資格基礎科目)